阪神大震災で被災した人がアドバイス

夜、灯りや暖を取る為に火を使用しないこと。火事になる。


ポリタンク用意しろ
風呂に水溜めろ




ぬるくなったビールはマズイから、冷えているウチに飲み干せ
タバコは我慢しろ(ガス漏れや余震で火事起こす可能性あり)




とにかく寝る
これが腹を空かさないコツ




車で寝る人はちゃんと水分摂取しろよ
小便近くなるからって水取らないと血がドロドロに
なってエコノミー症候群が出るよ




給水車が来ても水をくめるものがないと意味がない
バケツ、ポリタンク必須




マジレスすると水の確保
水さえあればなんとかなる




是が非でも水
但しペットボトル飲料等ちゃんとしたやつな
後は毛布にくるまっとけ…




当時、阪神大震災に会った知り合いが
漏らしてた言葉なんだが
有志の支援物質はありがたいんだが
お菓子ばっかり配られて困る・・・食いきれない
って言ってた。
離れてるところの人間には何が必要か分からないものだから、
募金とかにして、変なモノを送るのはやめた方が良いと思う。




IHクッキングヒーターは卓上のをひとつ買っておけ。

鍋で湯を沸かして、熱いお湯を水で薄めて体が洗える。
ガスは三ヶ月くらい復旧しなかったが、電気はすぐ復旧する。
水も早い。




阪神地震の経験から

・水運ぶときは台車があれば便利
・この後、市街とかは原チャリや自転車のほうが重宝する
・余震は一ヶ月つづくと思うけどじきに慣れる
・米はとがなくても食べられる
・電気はすぐに復旧するけど、ガス水道は遅い(1,2ヶ月ほど)
・当分風呂には入れないけど一週間たてば慣れる。
・配給とかは学校や役所などですぐに配られる。2日目から食べ物には困らなかった
・トイレ用に学校のプールから水くんで風呂に貯める。(けっこう重労働)
・ブルーシートで屋根作るときは、中央の下側に石を入れて上からブルーシートと石を一緒にロープで木から吊るしたらしい
・ボランティアは寝袋持参で
・支援物質のパンとかは配る前に賞味期限が来て捨ててたらしい、ボランティア宛でないのでボランティアは手を付けなかったらしい
・どろぼうとかレイプとかはほとんど噂、みんな精神的に疲れて体力があるはずの男でも物を片付けることができないほどショック状態になるので盗みなんかないと思う
こんなんでいいかな?




低体温症を舐めたらヤバいってのは、阪神大震災でわかった
とりあえずあらゆる手段を使って体温を維持すべきかと




水と毛布
毛布はとにかく持ってく




神戸で被災したオレがアドバイスするけど、

木造家屋に住んでるやつ、

一番上の階で寝ろよ。必ず1階がつぶれる。




とにかく疲れてても周りに優しく接するように努めろ
偽りない善性が災害で傷ついた人間のケアになる。
基本的に人間ってのは優しく善性に満ちた存在なんだ




地震時に家の状況が酷いときはとりあえず電気のブレーカーを落とせ。
阪神大震災で長田が火の海になったのは漏電が原因だ。
電気が復旧しても少しずつ点けていけ。




ライフラインの復旧速度
電気>>水道>>>>>>>>>ガス

俺のところは停電ほぼなし、水道も2日以内に通ったが
ガスは1ヶ月以上復旧しなかった

カセットコンロなり電熱調理器なりは遅かれ早かれ必須になる
温かいもの全く食えないのは予想以上に辛い





うちも電気1週間、水道1ヶ月、ガス2ヶ月半
電気は伝染だけどガスや水道は地下だから点検補修に地面掘り返す必要がある





まず、ガスは1ヶ月使えないと思え。
電熱調理器具は神。ホットプレートで焼き物炒め物、その気になりゃ味噌汁だっておK。炊飯器メニューに目を通してみよう。結構使える。
飲み水は造り酒屋(酒造会社)さんへ行ってみたら、分けてくれるかも。井戸水使っている人もいないわけじゃない。
ただし、使えないと言われたら素直に諦める。無理強いするな、そんな気力は他に使え。
電気は伝染だけどガスや水道は地下だから点検補修に地面掘り返す必要がある




対地震のテンプレ、拡散してくれ。
もし避難する事になったら通帳・判子等の現金はちゃんと確保しておく事
これはズボンなどに突っ込んで肌身離さない
ラジオは持っていくといい
それ以外に避難用に持って行くと便利なものがある
・ゴミ袋(大きい方がいい
給水車の飲み水を入れるバケツ代わりになったり色々と使い道が多い)
・ラップ(頑丈な奴が便利
皿に敷いて洗う用の水を節約したり傷に巻きつけて止血や木と一緒に巻いて包帯代わりになる)
・クッション(生地が厚い奴がベスト
外に避難する時は頭を守れるし避難生活中は枕にすると少し体力を維持し易い)
・通気性の良いスニーカー(通気部分以外はガッチリした奴
頑丈な靴だと足元に散らばってる破片で怪我をし辛い)
通気性が良いと水の中を安全に歩けるから
クッションはあればでいい
全部持っていくのは大変だが、1つでもあると便利だから
優先順位は真っ先にゴミ袋・続いてラップ
クッションはあれば程度でいい



いいか、外に避難する時は頭と足に気をつけろ!!怪我せず安全に避難することが大事だ!
・逃げるなら車よりも自転車
みんな同じ考えで渋滞の危険がある
・もし車から逃げるならキー差して逃げろ
後で救急活動のときに退かし易い
・近所に高台があるならとにかくそこを目指せ
目算でも10mあれば十分なんとかなる
・津波は2回目3回目の方が前回のパワーを吸収して威力が上がる
絶対に油断するな
・警察、消防に繋がりにくくなるため安否確認での電話の使用は控えること
・災害伝言ダイヤルhttp://www.ntt-west.co.jp/dengon/も利用すべし
・逃げる場所は鉄筋鉄骨コンクリのガッチリした建物
出来れば4F以上が望ましい
それと、危ないと思ったら荷物も捨てる覚悟で!!命大事に!!!




まとめてこれでいい?

ポリタンク・下着たくさん・衣類・すぐ食べられるもの
オムツ、生理用品 保存のきく食料 卓上コンロのガス
マスク、耳栓(家族人数分)ポリタンク 軍手 簡易トイレ
原付 水・タオル あと現金も
ラップ、ゴミ袋 アルミホイル、ラップ、ゴミ袋 ウエットティッシュ
ラジオ




女性がいるなら帽子も喜ばれるよ
髪の手入れできないから
まぁ後回しの物資ではあるけど




ブルーシートが高値で取引されるくらい需要あるぞ
プライバシーてのが結構重要なんだよ





PTSDになる前に、一人で悪いこと考えちゃいかん
悲観するより、周囲に相談だ!
とにかく、生きろ!!